辛口上林ファンが振り返る2021年9月14日から9月20日の上林選手中心ソフトバンクニュースと成績

辛口上林ファンが振り返る2021年9月14日から9月20日の上林選手中心ソフトバンクニュースと成績

1軍に復帰した上林選手、なかなか結果が出ず出場機会が増えません。

チームは先週、5位ライオンズ、6位ファイターズ相手に1勝3敗1分けと非常に厳しい状況です。

今週のマリーンズ3連戦、3連勝が必須な状況です。

9月14日  PayPayドーム 千葉ロッテマリーンズ戦

ホークス1-3マリーンズ

上林選手
出場機会なし
打席無し

試合は絶対に負けられないはずの初戦、エース千賀投手で敗戦。
8回まで引っ張ったことが少し問題になっているようですが、同点の状況でエース千賀ですので8回は当然投げてもらわないと困ります。
それよりも点が取れない打線ですね。
特に初回、あそこで追加点があるかないかが大きかったと思います。
結果論かもしれませんが最終回のリチャード選手への代打と、代打の順番は違和感がありますね・・・。
長谷川選手や川島選手が悪いというのではなく、今後のリチャード選手の期待・成長も含めてです。
結果は0点で敗戦の可能性が高いとは思いますが・・・。

9月15日  PayPayドーム 千葉ロッテマリーンズ戦

ホークス4-5マリーンズ

上林選手
8回ウラ、代走で出場しそのままレフトの守備にはいりました
打席無し

試合は初戦の敗戦により、昨日以上に絶対に負けられないはずの3連戦の2戦目ですが、逆転負け。
7回に甲斐野投手が勝ち越し点を許した展開なのですが、6回の1アウト満塁で登板し凌いだ後の回またぎでした。
結果論かもしれませんが、何故いつも小刻みに継投するのに今日は回またぎをしたのか疑問です。
8回のノーアウト1塁でリチャード選手は強行し、甲斐選手に送りバントさせる采配も疑問。
同点にしたいならリチャード選手選手に代打でバント、逆転を狙うなら甲斐選手に代打が然るべきかと・・・。
9回の2者連続見逃し三振は選手に疑問。
全てが噛み合っていない状況に思えてなりません・・・。
優勝から3位以内に戦略を切り替えざるを得ない状況でしょうか。

9月16日  PayPayドーム 千葉ロッテマリーンズ戦

ホークス1-1マリーンズ

上林選手
8回ウラ、代走で出場しそのままレフトの守備にはいりました
打席無し
1死満塁で今宮選手のライトライナーで、タッチアップするも途中で引き返し3塁タッチアウトでした。
紙一重でしたが、アウトはアウト。
ただ、今日のホークスは走塁が全て紙一重でアウト、流れも悪かった、行く行かないの判断もチームとして悪かったと思います。

試合は負けに等しい引き分け。
マルチネス投手の続投は、結果はともかく大賛成です。
一方で、これまでは失点する前に交代していました。
この積み重ねが失点に繋がっていると思います。
先発投手が終盤回1点差で、100球を超えて投げる経験値が少ないんだと思います。
エース千賀も初戦で大事なところで失点しています。
これまでの方針のツケが回ってきてしまった印象です。
終盤の走塁死は選手は責められません、結果論です。
マリーンズの守備が全て良かったです。
ただ、三塁コーチの行く行かないの判断は反省したほうがいいと思います。
結果論ですが、打球の勢い、外野手の補給位置・姿勢、肩の強さ、ホークスのネクストバッター、試合の流れを考えると、8回9回は行くべきではないと考えます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする