辛口上林ファンが振り返る2020年9月8日から9月13日の上林選手中心ソフトバンクニュースと成績

辛口上林ファンが振り返る2020年9月8日から9月13日の上林選手中心ソフトバンクニュースと成績

先週は1勝4敗1引き分けと、その前までの好調が嘘のように失速。

どうしてもマリーンズ戦で躓きます。

今週は明石選手が残念ながら怪我で登録抹消。

しかしデスパイネ選手が復帰します。

デスパいいねと連発したいところです。

9月8日 楽天生命パーク 楽天ゴールデンイーグルス戦

ホークス2-0イーグルス

上林選手
9回ウラ守備固めでライトの守備で出場
打席無し

試合はエース千賀投手が、エースらしいピッチング。

先週の悪い流れを断ち切るかのような投球。

チームの雰囲気を変えてくれるようなピッチング、これぞエースです。

欲を言えば、7回の四球でランナーをためて三振で仕留める、自作自演は控えて頂きたい。

打線もチャンスを潰す場面もありましたが、なんとか2点もぎ取りました。

クリーンアップにしかるべき選手が並び、栗原選手が6番あたりに座っている方が打線の怖さが出ていいと思います。

9月9日 楽天生命パーク 楽天ゴールデンイーグルス戦

ホークス8-1イーグルス

上林選手
8回ウラ守備固めでライトの守備で出場
打席無し
繰り返しになりますが、守備固めであれば1軍経験の浅い2軍選手と入れ替えて頂きたいところです。

最近打席に立っていないので、2軍で打ち込んで復調を目指して頂きたい。

試合はデスパイネ選手の2本のホームランなどで大量8得点。

8点は8月30日のファイターズ戦以来の大量得点。

当時は歯車が噛み合って8連勝していました。

今日も投打が噛み合っていますので、再び点火して頂きたい。

9月10日 楽天生命パーク 楽天ゴールデンイーグルス戦

ホークス9-2イーグルス

上林選手
9回ウラ守備固めでライトの守備で出場
打席無し

試合は雨で長時間の中断があり、23時過ぎに試合終了。

9回まで続行したのが不思議なくらいの、雨空でした。

正直なところ怪我人が出なくてよかったというしかない試合です。

おまけに、明日は福岡に戻ってのナイター。

今回はレアケースかもしれませんが、3連戦3連戦の6連戦は移動が大変です。


スポンサーリンク


9月11日 PayPayドーム 西武ライオンズ戦

ホークス4-2ライオンズ

上林選手
7番センターで先発出場
二ゴロ、三振、二安
柳田選手が指名打者に入るときは、センターで先発するパターンです。

なんとかヒットは1本記録しています。

試合は昨日と打って変わって、今シーズン最短の2時間21分で試合終了。

仙台に行かなかったムーア投手が、今季最短試合を導く好投。

周東選手の2盗、3盗も光りました。

そして何よりデスパイネ選手、頼もしい限りです。

工藤監督曰く『いろんな意味でナイスゲーム』。

9月12日 PayPayドーム 西武ライオンズ戦

ホークス8-4ライオンズ

上林選手
8回ウラ、代走で出場しそのままライトの守備へ
打席無し

試合は鷹の祭典かつ高谷の祭典でした。

スリーランホームランを含む3打数2安打4打点。

4打席目には送りバントをキッチリ決めるところも高谷選手らしいです。

武田投手も前回登板で打球を受けたときは、ヒヤッとしましたがローテーション通り好投。

武田投手クラスが安定して、ローテーション通り投げてくれると安心です。

9月13日 PayPayドーム 西武ライオンズ戦

ホークス0-1ライオンズ

上林選手
出場機会はありませんでした
打席無し

試合は初回に外崎選手に打たれた、先頭打者ホームランの1点が重くのしかかり敗戦。

最近あまり効かなくなった『スミ1』での敗戦。

『スミ1』での敗戦は2014年以来、先頭打者ホームラン『スミ1』での敗戦は1970年以来の敗戦。

得点圏に6度進めていましたので、いつでも点が取れるような錯覚を持ってしまったのも事実かもしれません。

結果としては零封。

一方で、違和感もあります。

石川投手だからかもしれませんが、負けている場面で先発投手を9回まで引っ張っています。

もちろん投球内容はよく、勝ち星をつけてあげたい気持ちは重々理解します。

ただ、勝っていれば7回のピンチで交代している確率が非常に高いと思います。

その7回のピンチを任せ、なおかつ8回9回と投げさせる。

結果として118球、完投負け。

負けている時だけでなく、勝っているときもこういった投手起用をお願いしたいのが本音です。

先発の柱を育てることができ、中継ぎ陣の登板過多も防げると思います。

石川投手だけでも、この起用方法をお願いしたいところです。

上林選手2020年シーズン成績

2020年9月6日現在
打率:.184(.181)
本塁打:6(6)
打点:20(20)
盗塁:7(7)
( )内は先週末時点の数字です。

1週間で打席に立ったのは、スタメン出場した11日の西武戦のみでした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする