辛口上林ファンが振り返る2020年9月15日から9月20日の上林選手中心ソフトバンクニュースと成績

辛口上林ファンが振り返る2020年9月15日から9月20日の上林選手中心ソフトバンクニュースと成績

気が付けば朝晩涼しくなり、ナイター観戦は肌寒い時期かと思います。

そんな中、先週のホークスは5勝1敗と、ロッテ戦3連敗のマイナスを取り戻す結果でした。

今週は日本ハムファイターズ3連戦と楽天ゴールデンイーグルス3連戦です。

9月15日 札幌ドーム 日本ハムファイターズ戦

ホークス2-3ファイターズ

上林選手
7番でライトでスタメン出場
三振、三振、三振
3打席3三振でした。

全てスリーボール、ツーストライクからの三振でした。

2打席目、3打席目は先にスリーボールになってからの三振と、厳しいと言わざるを得ない結果です。

上沢投手が良かったことも事実ですが・・・。

試合はエース千賀投手が、148球を投じて完投しましたが、敗戦投手になっています。

148球投げさせたことが、議論になっていますが、私は148球自体は反対ではありません。

しかし結果論ですが、8回のピンチでは交代するべきだったと思います。

エース千賀だからという理由以外に続投の理由が見当たらないことも事実です。

石川投手、千賀投手と負けているからこその続投が続いています。

私の見解では、『勝ち星をつけてあげたい』という理由以外にあまり続投の理由が見当たらないところです。

そうであるならば、先発投手を5回まで投げさせて欲しいところです。

9月16日 札幌ドーム 日本ハムファイターズ戦

ホークス5-4ファイターズ

上林選手
9回ウラ、ライトの守備固めで出場
打席無し

試合はシーズン前半であれば負けていたような展開ですが、見事な逆転勝利。

ポイントはフォアボールだと思います。

全ての得点シーンでフォアボールが絡んでいます。

特に逆転した7回は、中村晃選手、柳田選手の連続フォアボールで同点にした後に、デスパイネ選手が勝ち越しタイムリーヒット。

シーズン前半は中村晃選手、柳田選手が決めなければ勝てないケースが散見されました。

今は違います、デスパイネ選手、グラシアル選手とキューバコンビが続いて出てきます。

やっと打線として形になったところでしょうか。

ちなみにシーズン前半は、逆にフォアボールを相手に与えて失点を重ねていました。

再発しないように、お願いしたいところです。

9月17日 札幌ドーム 日本ハムファイターズ戦

ホークス2-1ファイターズ

上林選手
9回オモテ代走で出塁し、そのままライトの守備へ
打席無し

試合は中村晃選手が記念すべき1,000本安打を達成しました。

直前に送りバントを失敗し、それを挽回する1,000本目の安打です。

1ボール2ストライクからの6球目をヒットにします。

私はこれが中村晃選手の凄さだと思います。

追い込まれ、しかもボールは1つ。

当たり前のようにファールで粘り、ヒットに出来る球を待つ。

辛口ですが、今のホークスの若手はこれが出来ない。

中村晃選手が復帰する前は、打線が非常に淡白でした。

粘った末のフォアボールも少なかった。

是非とも、中村晃選手を見習ってほしいところです。

もちろん、東浜投手もナイスピッチングでした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする