辛口上林ファンが振り返る2021年5月3日から5月9日の上林選手中心ソフトバンクニュースと成績

 

辛口上林ファンが振り返る2021年5月3日から5月9日の上林選手中心ソフトバンクニュースと成績

5月3日、2021年シーズン初めて上林選手が1軍登録されました。

残念ながら、当初の予定通りの昇格ではありません。

デスパイネ選手が2軍に行くことにより、代替えとして上林選手が1軍に呼ばれたかたちです。

本来は、レギュラーとして試合に出れる状態になってから、1軍に昇格する予定でした。

首脳陣は守備走塁の面で戦力になることは100も承知で、開幕2軍スタートを決断しました。

上林選手は、守備固めや代走要因として1軍ベンチにいる存在ではないとの判断です。

上林選手の打撃の型が固まり、結果を残してから1軍に昇格させるという考え方に、私は大賛成でした。

しかしながら、良くも悪くもない状態で、なし崩し的に昇格してしまっています。

個人的には不満かつ不安な昇格ですが、昇格したからには力の限り応援したいと思います。

チームとしては2位につけてはいますが、3カード連続で負け越しと、状態がいいとはいえません。

上林選手にも出場のチャンスはあると思いますので、期待もしています。

5月3日  PayPayドーム 楽天ゴールデンイーグルス戦

ホークス4-7イーグルス

試合は初回に3点を先制しながらも、中盤に失点が重なり逆転負けです。
今シーズン初先発の二保投手が6回途中5失点でした。
二保投手の打たせて取るピッチングは、力で押すタイプが多いホークス投手陣の中ではアクセントに成り得ると感じています。
要所で機能してくれればと常々思っているのですが、残念ながら、次回に持ち越しとなりました。

5月4日  PayPayドーム 楽天ゴールデンイーグルス戦

ホークス6-4イーグルス

上林選手
9回オモテ、ライトの守備固めで出場
打席無し

試合は6-4で勝利となりますが、ちょっとモヤモヤした勝利に思います。
笠谷投手が、勝利投手の権利目前で降板。
高橋純平投手もピリッとしない投球内容。
岩嵜投手も先頭打者をフォアボールで出してしまい、あわやのピンチを作ってしまいます。
打線も5回以降はノーヒットと沈黙。
正直なところ、後味があまりよくない印象でした。
一方で、最後にモイネロ投手が3人で締めてくれましたのでその部分は良かったかと思います。

5月5日  PayPayドーム 楽天ゴールデンイーグルス戦

ホークス5-5イーグルス

上林選手
1番センターでスタメン出場。
5打数3安打4打点1本塁打
三飛、中2、右本、空三振、左安

今シーズン初先発で大活躍です。
3安打4打点1本塁打と、願ってもない結果といえます。
しかし辛口上林ファンとしては、もっと先を見て苦言を呈します。
オープン戦含め開幕直後などのスタートは、いつもいいんです。
この後、好不調の波が来て悪くなると歯止めが効かないケースが繰り返されています。
上林選手の能力であれば、今日くらいの活躍はシーズン中何試合も見られるはずです。
今日はまず1試合目です、どんどん活躍することを期待して応援します。

試合は上林選手の活躍もあり、なんとか引き分けに持ち込みました。
9回サヨナラのチャンスもありましたが、追いついていますので負けなくて良かったという表現で良いのではないでしょうか。
和田投手が2回に4点を失うのは誤算でしたね。
打線も柳田・グラシアル・栗原各選手がノーヒットでは厳しいですね。

スポンサーリンク


5月7日  PayPayドーム 西武ライオンズ戦

ホークス2-2ライオンズ

上林選手
1番センターでスタメン出場。
4打数1安打1盗塁
一直、四球、一ゴロ、見三振、右安

ライオンズ先発の高橋光成投手とは相性が良く、試合前まで14打数8安打3本塁打でした。
それを考えると、期待された活躍は出来ていないと思います。
特に4回の第3打席、チャンスでしたので残念な結果と言わざるを得ません。
守備に関してですが、今日はセンターでの出場でした。
センターを安心して守らせることが、出来るのはホークスにとって大きいとは思います。

試合はライオンズ先発高橋光成投手をまたしても捉えられず、引き分けでした。
石川投手は8回2失点と好投しましたが、ホームラン2本に沈んだ形です。
ホークスからすると、苦手山川選手の復帰もマイナスだったかと思います。
ライオンズ打線は相変わらずの脅威ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする